AGA治療の方法を知る|テンションagaる治療法を知る!

薄毛

薄毛の薬

先生

中年男性に起こる薄毛のことを、AGAと言います。これまで薄毛は遺伝によって起こるものという印象があり、治療も行わずにあきらめてしまう男性も多くいました。確かに薄毛は遺伝による影響も大きいですが、男性ホルモンによる影響も非常に大きいということがわかりました。男性ホルモンが原因のAGAは、専門のクリニックで治療を受ければ改善することができます。全国各地にあるAGAクリニックでは、どのような治療が行われているのでしょうか。
AGAクリニックで行われている治療方法として最も代表的なものが、フィナステリド薬の処方です。フィナステリド薬とは、フィナステリドという成分が含まれている薬のことを言います。フィナステリドを体内に摂取することによって、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑制することができます。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと5α―リダクターゼが結合することによって発生します。フィナステリドは体内でテストステロンと5α―リダクターゼが結合するのを阻害する働きをします。それによって、脱毛の原因になるジヒドロテストステロン発生を抑えます。
フィナステリドを含んでいるAGA薬として最も代表的なものが、プロペシアです。プロペシアを継続して摂取することによって、多くの男性が薄毛を改善しています。プロペシアを服用する際に知っておきたいことが、初期脱毛という症状が表れるということです。飲み始めてからすぐは、逆に髪の毛が抜けるという症状がみられます。初期脱毛の期間が終わってから、抜け毛の量が減り髪の毛がどんどん生えてきます。初期脱毛の症状が出て、すぐに服用をやめてしまうと逆に髪の毛が減るのを促進させただけとなってしまいます。最低半年は続けてみて、納得できる効果を得られるかどうかを試しましょう。